不動産賃貸における仲介手数料

アパートやマンションなどといった不動産物件の賃貸契約を結ぶ際には、その仲介をしている会社に仲介手数料を支払います。この手数料は多くの場合、家賃の1ヶ月分に相当する金額となっており、賃借人が契約を結ぶ際に敷金、礼金などといっしょに入居時費用として支払う、というのが一般的となっています。すなわち、賃借人は入居時の費用として、敷金、礼金に加えてこの手数料を用意しておく必要がある、ということになるわけです。最近では、礼金のない不動産物件というのもかなり出てきているわけですが、この手数料は入居時費用として必ず支払う必要があります。

20代の独身女性です。住んでいた賃貸マンションの契約終了月が迫っていたので、次の引っ越し先を探しに不動産会社へ物件を探しに行きました。その不動産会社は、仲介手数料が一般的な金額の半分で済むことが売りの会社だったので、かなり費用を抑えることができました。同じマンションを契約するのに、一方の会社では高い費用を払わないといけなかったので、とても得したと思います。今度また引っ越しをしなければならなくなった時も、上手に不動産会社を選んでなるべく安く費用を抑えようと思います。常に金欠の私にはとても嬉しい出来事でした。